トップウォーター熱再燃か?


秋田の古着屋チキチキバンバンな日々

お店の最新情報は「チキバン嫁ブログ」でどうぞ!

気がつけば8月は更新一回のみ!
もうみなさん、私のことはもう、お忘れでしょう(笑)。
すいません。今後もう少し更新頻度をあげていきます。

さて、先日、住宅のお客様でトップウォーターにご執心の方がいらっしゃいました。
「道楽」というその筋では高名なブランドをご愛用とのこと。
なかなか本気度高そうです。

それがきっかけになって、店主久々にルアーの道具を引っ張り出しました。
もともと、店主はとにかくリールが大好き。
特にベイトリールがことのほかお気に入り、バックラッシュの危険が常につきまといつつ、ギリギリのタイミングでサミングを。いったんバックラッシュなんて引き起こしたら最後、釣りを続ける気力も萎えるほど。
訓練された男の手になる、キャスティングと親指はもはや芸術。
危険と隣り合わせの男のリール(笑)。

店主は小学生のころからルアーフライに興味を持ち、道具も当時は舶来物が中心。
価格はお年玉合計をはるかに上回る、天文学的数字。
大人になってから、当時あこがれた道具たちを買い漁る結果に(笑)!

特別に思い入れがあって、今でも実用に耐えるのは、一連のABUのリール達。
その中でも、とりわけアンバサダー5000Cがお気に入り。
故、開高 健氏の名著「フィッシュオン」にもたびたび登場。
異国の魚たちとファイトを繰り広げるその姿は、小学生の私にはまさに夢物語そのもの。
「釣りキチ三平」にもよく登場しましたね。
魚紳さんにすてきな道具を与えられる三平君には、よく嫉妬したものです(笑)。

a0129126_9251498.jpg


この無骨なウインチのようなリールは、絶対の安心感があります。
使っていて、とても気持ちのいいリールです。
前出の開高氏曰く「時計の精密さと、起重機のような頑丈さを兼ね備える」と評しておられました。
言いえて妙と思います。

最近ではめっきり出番も少なくなっちゃいましたが、今度「ファットアッキー」氏でもさそって一緒にトップオンリーの勝負でもしましょうかね。
涼しくなってから(笑)。




 
 秋田の古着屋なら!

「古着屋チキチキバンバン」

 14:00~18:00

水曜日定休(祝祭日除く)

チキチキバンバンの古着は安く!楽しく!かっこよく!

古着から、リメイク、ハンドメイド、お直し等カスタムまで!

商品の入荷状況などは嫁ブログにて!!




チキチキバンバン嫁日記↓
http://chittyyome.exblog.jp/

デザイナーズハウス「casacube」秋田のブログはこちら!
[PR]
by sinnf3 | 2010-09-06 09:42 | フィッシング


<< dropboxって知ってますか? またもや文房具ネタ! >>