男のリメイク


秋田の古着屋チキチキバンバンな日々


ハンドメイドとリメイク専門店「Onion」情報はこちら!
「チキバン嫁ブログ」


古着屋チキチキバンバンお店情報はこちら!
「チキチキバンバン番頭日記」


本日は豪雪の秋田よりお届けいたします。
昨日店主、秋田県有数の豪雪地帯で、建築中の建物の「雪下ろし」をしました。
すごかったです、屋根の上に150cmくらいの雪が!
まるでキノコのような状態に!
5時間かけて2人で除雪です。
地元の方はもっと早いんだろうな。
秋田市はそれほど雪は降らないので、雪下ろしは素人同然。
なかなかいい運動になりましたよ。
本日、みごとに全身筋肉痛(笑)。

さて本題。
なにが「男のリメイク」か?
昨年末以来、Onionに遠く愛知県よりリメイクの依頼が。
嫁さんがいろいろとメールのやりとりをして、このたび完成。
不肖、私もご意見番として、プランニングに参加させていただきました。
無事、お送りさせていただきました。
お客様より、そのあとにうれしいメールまで頂戴いたしました。
喜んで頂いた様子でなによりです。
楽しいお仕事、ありがとうございました。

店主、このメールで気づくことが。
すなわち「男のリメイク」。
なんとなく、店主、服のリメイクって女性の印象が強く、しかも軽いノリのイメージが....。
しかし、気に入ったものをずっと愛用するための手段としてのリメイクならばむしろ「男」か。
モノが服だけに、愛用すればするほど傷むのは避けられない。
それを単なるリペアではなく、新たな価値を付加し、ますます自分だけの一着に仕上げる。
これは、とても素晴らしくて楽しいことです。
ともに歩んだ時の流れは他の何にも代え難い風格を「モノ」に与えます。
これは、まさに「人生の相棒」ですね。
お金には代えられない。
まさに「男のリメイク」!

店主もお気に入りには愛着が。
小5の時に買ってもらったルアーロッドは現役です。
グラスの古いロッドですが、ずっと30年愛用しています。
渓流用のルアーロッドに関しては浮気はナシ!
今では完全に、手の延長です。

そんなモノたちの中で、とりわけ愛用しているのはツールナイフ。
Victorinoxのいわゆるアーミーナイフと呼ばれるナイフです。
今は同型のモデルは存在していないと思われますが、パイオニアNo1というモデルだったはず?
12歳の誕生日に父親からプレゼントされて以来こちらも約30年一緒に生きています。
一度、北海道で無くしたと思ったら、帰宅後に自宅の庭に落ちていたという不思議なエピソードもあり、それ以来無くしたことはありません。
これは、いずれうちの坊主が12歳になったら引き継いでもらいましょう。



a0129126_13223910.jpg

もともとは深紅のハンドルでしたが、アルミの地金が剥き出しになっちゃっています。
もちろん、現役。



そして、比較的最近購入したBUCKのフォールディングハンター110。
a0129126_13255542.jpg

こちらは、まだ新入りですが、フィールドでは一番頼りになりそうな風格。
ライフタイムギャランティー(生涯保障)も有名なお話。
もっとも、最近のアウトドアでは活躍する場はほとんどなく、半ばお守りに近いですが。
使うほどに手になじむであろう、素質は十分。
後はエイジングだけですね。
こいつは、店主が死ぬときにでも息子に譲ろうと思います。



もしかすると、今は修理するより、新品を購入したほうが安いかもしれません。
しかし、ともに過ごした時間は、どうやっても補うことができません。
モノと一緒に過ごす時間が濃密で思い入れが深ければ深いほど、単なるモノを超える存在になります。
そこに価値を見いだせるような、円熟したオトナになりたいものです。
これからの時代、ますます、こんな古くて新しい価値観を大切にしてゆきたいですね。

今回のリメイクのエピソードに触れて、あらためて考えさせられる出来事でした。



 
 秋田の古着とリメイクなら!

「古着屋チキチキバンバン」&「Onion」

 open  from 14:00 to 18:00

 水曜日定休(祝祭日除く)

 チキチキバンバンの古着は安く!楽しく!かっこよく!

 古着から、リメイク、ハンドメイド、お直し等カスタムまで!

 ハンドメイドとリメイク情報は嫁ブログにて!!




店主自慢のデザイナーズハウス「casacube」ブログはこちら!
[PR]
by sinnf3 | 2011-01-14 13:36 | 店主ネタ


<< sorelのブーツって.....。 2011年明けました!おめでと... >>