店主、薪ストーブでピザを焼く!


秋田の古着屋チキチキバンバンな日々

「薪ストーブごっこするから、集合ね。」
「岩田さんピザ担当ね!」
電話一本。

店主、実は元ピザ屋さんです。
10年もピザを作っていましたから、さすがにピザには一家言ありです。
腕を見込まれたからには!
闘志?がふつふつと沸いてきます。
大体、店主、こういう遊びに手抜きはしません。
徹底的にやれるところまでやります。
本気でやり過ぎる、酔狂な感じがいいんです。

では、材料調達から考えますね。
ソースは時間が無いので、業務用の缶詰にするとして、粉は?
やはり、ここは、せっかくなので欧州産の小麦粉あたりを選択したいもの。
ネットでは買えますが、秋田で売ってるかな?
ちょっと探したら、イオンのカルディにありました!フランスパン用のミックス粉が。
ついでに、フランスのドライイーストも一緒に購入。
ちなみにこのイーストは店主ピザ屋時代に愛用の品。
偶然の再会です。

そして、チーズ。
これは、店主お世話になっている、「チーズのAbe」さんより、やはり業務用を購入。
ブラックオリーブとアンチョビーを用意して、OK!
いざ、出陣!

友人宅に到着後、さっそく、本日の「ピザ釜」、薪ストーブをチェック!
実は、店主、ピザ作るのは8年ぶり。
一抹の不安も無きにしも非ずです(笑)。
a0129126_1564098.jpg

薪ストーブ界の大御所、ダッチウエスト社のエンライトというモデル。
薪ストーブも数多ありますが、一番バランスのいいモデルでしょう。
おすすめのストーブです。

まずは、釜をじっくりと暖めます。
その間に、ピザ生地作りです。
一緒にいた女子に作り方を質問されるも、店主、すべて目分量!
人に教えられないことに、あらためて気が付きました!
粉をこねくり回しているところは、別に面白くも無いでしょうから、写真は割愛!
まあ、割とあっさりと生地は完成です。

a0129126_15123632.jpg

ダッジオーブンの一種、スキレットという厚手のフライパンに生地をのせて、トッピング。
あとは、釜に直行!



a0129126_15163377.jpg

めちゃくちゃ重い鉄鍋を、これまた重厚な鋳鉄の薪ストーブへ!
これぞ、男の料理!
華奢な女子供には務まりません!



およそ、10分後。
焼きあがりました!
写真はありません(笑)!

焼き上がるそばから、どんどん食べられていくので、撮影している暇が無い!
店主の手は粉とチーズにまみれ、カメラに触れません!

大好評なのは、作り手としては一番嬉しいですがね。
都合、7枚のピザを店主作り続けて終了。
ピザ屋さん時代を思い出しました!

本日のレシピ(生地)

フランスパン用のミックス粉.....適量   
水......加減しながら
ドライイースト......パラパラっと
オリーブオイル.....ちょっぴり

こんな具合なんで、分量はレシピ本とかで調べてください(笑)!
普通の小麦粉使うときは、薄力粉と強力粉を50%づつ混ぜるといいですよ!
水は少し控えめが吉。
イーストも直接、粉のまま混ぜても大丈夫です。

結局、こういうものは、試行錯誤の連続です。
失敗も楽しんじゃってください!

いやー、楽しくて、美味しかった!
またやろうね!



 
 秋田の古着屋なら!

「古着屋チキチキバンバン」

 14:00~20:00

水曜日定休(祝祭日除く)

チキチキバンバンの古着は安く!楽しく!かっこよく!

古着から、リメイク、ハンドメイド、お直し等カスタムまで!

バンバン承ります!



チキチキバンバン嫁日記↓
http://chittyyome.exblog.jp/
チキチキバンバンリメイク係「ひっぽ」ブログ↓
http://hippoko.exblog.jp/
[PR]
by sinnf3 | 2009-11-19 16:28 | 店主ネタ


<< 帰国子女?日系? 怪しいレストア熱再燃! >>