やっぱり万年筆!


秋田の古着屋チキチキバンバンな日々

空模様も微妙な今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
店主、このところ住宅の仕事が忙しく、お店は嫁さんに任せっきり!
ご無沙汰してしまい、申し訳ありません。
(因みに、住宅のブログは本文下のところにリンク在り!)

さて、本日またもや服と関係のない文具のお話。
ただ、店主はライフスタイルを充実させてこそ、服装が活きると思ってますから、店主的には関係アリ!

店主、文房具はずっと好きであれこれ使ってきましたが、「万年筆」だけは、あこがれの域を出ませんでした。
以前、ブログで万年筆のことに少し触れましたが、嫁さんから、ついに!いただきました。
店主、気になっていたLAMMYです。

バウハウスの流れを汲む、インダストリアルデザイン文具。
とても、シンプルなドイツデザインながら、色づかいが非常にポップ。
今回、店主が入手したのは、2009年限定カラーのサファリ。
(と、言いながらこのカラー2004年にもあったりします(笑))


こんなオレンジ和みます!
a0129126_12415366.jpg

こんな感じ。
ドイツデザインとは思えないでしょ!


最近、フィルムカメラに魅かれたり、万年筆を普段使いしたりするのは、店主忙しすぎるせいか?
普通に、ミーティングのときに黄色のレポートパッドに青インクの万年筆、最近よく使います。
黄色の紙に青インクの色合いが気分です(笑)。

万年筆で字を書くと、少しだけ丁寧に書こうという気になります。
きっと、こんなスローな感覚が忙しさへのせめてもの反抗でしょうか(笑)。
セラミックのローラーボールのほうが、すらすら書けて、時間も短縮されるでしょうね、コンマ何秒か(笑)。

パソコンがこれだけ普及しても、相変わらず紙に字を綴る行為は無くなりませんね。
しかし、少なくなってきたのも事実。
実際、アイディアを練るとき、ペンを走らせながらの方が、頭の回転が若干スムースな感じ。
だからこそ、「心地いい」筆記具を使おうという気にもなるんでしょう。
店主的には、万年筆が一番心地いい筆記具ですね。
モンブランのマイスターシュテュックなんて、逸品もありますが、ちょっと気恥ずかしい。
その点、LAMMYは実にちょうどいい!
万年筆としての機能はちゃんと押さえてあって、デザインは秀逸。
価格も安くて普段使いに最適。
日常の「書く」行為にほんの少し、違った感覚でアプローチしてみては。
おススメです!


 
 秋田の古着屋なら!

「古着屋チキチキバンバン」

 14:00~19:00

水曜日定休(祝祭日除く)

チキチキバンバンの古着は安く!楽しく!かっこよく!

古着から、リメイク、ハンドメイド、お直し等カスタムまで!

バンバン承ります!只今、レディース強化中!



チキチキバンバン嫁日記↓
http://chittyyome.exblog.jp/

デザイナーズハウス「casacube」秋田のブログはこちら!
[PR]
by sinnf3 | 2010-01-25 14:20 | 雑貨


<< ツイードのこと 元祖、テプラ!全手動式(笑)! >>