ふたたび万年筆のお話


秋田の古着屋チキチキバンバンな日々


ハンドメイドとリメイク専門店「Onion」情報はこちら!
「チキバン嫁ブログ」


古着屋チキチキバンバンお店情報はこちら!
「チキチキバンバン番頭日記」


お久しぶりです。
雪景色も若干見慣れてきた今日この頃ですが、運転は注意!
先日からの雪道をFRのクロスファイアで運転中の店主。
最近の電子制御マジックのギミックのおかげで、意外に快適です。
まだ判りませんがね(笑)!

さて、本日は「万年筆アゲイン」。
またもや文具のお話。
実は、先日、ちょっと早めのクリスマスとのことでカミさんに万年筆を頂戴しました。
われわれ夫婦のホーム、アウフヘーベンさんで購入とのこと。

a0129126_11135751.jpg

DELTAのお手頃シリーズ。「アンニ セッタンタ(ANNI 70)」
LAMMYからのステップアップにはちょうどいいライン。
女性にもウケそうなデザインですね。
ブランド自体は80年代スタートの比較的新しいブランド。
しかしながら、手作りの職人の仕事にこだわるなかなかいいメーカー。
あえて店主が持つのにいいところを突いてきます。


最近、日本の手作り万年筆で「加藤製作所」の万年筆が気になってました。
調べてみると、職人さんである社長が1月に他界されたそうで、ご冥福をお祈りします。
戦後の焼け跡からの再開も含め、ハンドメイド万年筆の第一人者。
この方、85歳で亡くなるまで夫婦で手作りにこだわっていらっしゃいました。
ハンドメイドながら、価格は最高でも2万円強。
「万年筆は使ってナンボ」の考えで、手作りながら異例の安さ。
ひとつは持っておきたい万年筆です。
今後、値が上がるかもしれないので今のうちに購入しちゃおうかと迷う店主。

万年筆は書くことがとても楽しくなる筆記具。
店主はアイディアをプロットする時には、マストといっていいほど多用します。
字を書く機会もめっきり減りましたが、だからこそ、少ない機会を大事にしたい。
そう思わせる筆記具は、万年筆よりほかには無い!と確信。
安いモノでも楽しめますから、字を書くことの楽しさを再発見してください。
店主、最近はペン習字にも少し興味が出てきました。
来年の年賀状あたりから、試してみては?



 
 秋田の古着とリメイクなら!

「古着屋チキチキバンバン」&「Onion」

 open  from 14:00 to 18:00

 水曜日定休(祝祭日除く)

 チキチキバンバンの古着は安く!楽しく!かっこよく!

 古着から、リメイク、ハンドメイド、お直し等カスタムまで!

 ハンドメイドとリメイク情報は嫁ブログにて!!




店主自慢のデザイナーズハウス「casacube」ブログはこちら!
[PR]
by sinnf3 | 2010-12-18 11:34


<< 2011年明けました!おめでと... ハンティングジャケット考 >>